レセプト(診療報酬明細書)の作成

通常、病院や診療所などの医療機関で診察を受けると、医療費が発生する。
医療費の一部は患者が支払うが、残りの医療費は医療機関が保険者つまり、政府(国)や市町村などの各種組合が支払期間を通じて医療機関に医療費を支払うのである。
その医療費を請求するために必要になるのがレセプト、「診療報酬明細書」である。

レセプトは1か月分を月末締めでまとめて作成する。
そのため、記入漏れや表記の誤りが発生すると審査期間からレセプトが返却され、再度作成を行わなければならない。
作成に余分な時間が割かれると、医療費の減額などにも繋がり、医療機関自体の収入減少や経営の悪化を及ぼすことにもなる。

レセプトの作成は医療事務の要と言ってもいいくらい、正確に作成、確認、点検を行わなければならない重要な業務である。
医療保険制度のシステムを把握し、診療報酬点数から正しく算定を行う能力が医療事務の必須条件になってくる。

Posted in 資格取得に必要な基礎知識 | Tagged , , | Comments closed

医療事務とは??

医療事務とは病院や診療所などの医療機関で受け付けや会計などを行う事務仕事である。
医療事務の主な仕事はこれら以外に患者の個人情報、治療履歴が閲覧できるカルテの操作や管理、各種保険会社とのやり取りなどが挙げられる。
医師や看護師のように患者に直接治療を行うのではなく、患者に必要な情報の管理、治療がスムーズに行えるように取り計らうのが医療事務の役割である。

単に病院の受付窓口としての役割ではなく、医師や技師のサポート役として幅広く活躍できる仕事である。
医療事務職に就くには専用の医療事務資格を取得しなければならない。
そのためには基礎的な医学や法律の知識も必要になってくるので資格取得者は医療の専門家としても注目されている。

受験資格は専用のカリキュラムを通信教育や専門学校で学ぶと与えられるので大きな制約もなく、資格取得の意思さえあれば受験が可能である。
そのため幅広い年齢層の受講者が年々増加している今注目の人気資格の一つとして話題になっている。

Posted in 医療事務に関して | Tagged , | Leave a comment