Category Archives: 資格取得に必要な基礎知識

投薬量の算定

患者の症状に合わせた薬剤や投薬量を決定することを「処方」と呼ぶ。 処方にも大きく分けて「院内処方」と「院外処方」の2つに分かれる。そのため、医療事務に必要な投薬量の算定方法も変わってくる。 【院内処方の場合】 医師の処方 [...]

Posted in 資格取得に必要な基礎知識 | Tagged , , | Comments closed

医療保険の仕組み

医療事務として活躍するためには基本的な医療に関する知識を理解しておくことが条件である。特に医療保険の仕組みは確実に理解をしておく必要がある。 医療保険には大きく「保険者」、「被保険者」、「医療機関」で構成されている。 「 [...]

Posted in 資格取得に必要な基礎知識 | Tagged , , | Comments closed

時間帯加算

休日や深夜の診療料は初診料または再診料に上乗せされて請求されている。 これを「時間外加算」といい、診療時間外の時間帯加算というものを支払機関に請求できることになっている。 ただし、診療機関の昼休みの時間の診療は、時間外加 [...]

Posted in 資格取得に必要な基礎知識 | Tagged , | Comments closed

カルテ管理

医療事務の業務の要となるのが「カルテ管理」である。 カルテは患者の個人情報から疾患の治療履歴など、 医療業務に携わるために必要なすべての情報が書き記されている 患者の症状の経過や診察内容は医師が記載するが、患者の生年月日 [...]

Posted in 資格取得に必要な基礎知識 | Tagged , , | Comments closed

処置料の算定

処置料は医療機関で患者が受けた医学的処置に対する料金のことを指す。 処置料の算定も医療事務の重要な仕事であり、算定項目もかなり細かくなっている。 処置料は 1、一般処置 2、救急処置 3、皮膚科処置 4、泌尿器科処置 5 [...]

Posted in 資格取得に必要な基礎知識 | Tagged , , | Comments closed

レセプト(診療報酬明細書)の作成

通常、病院や診療所などの医療機関で診察を受けると、医療費が発生する。 医療費の一部は患者が支払うが、残りの医療費は医療機関が保険者つまり、政府(国)や市町村などの各種組合が支払期間を通じて医療機関に医療費を支払うのである [...]

Posted in 資格取得に必要な基礎知識 | Tagged , , | Comments closed