医療事務の活躍現場:調剤薬局

調剤薬局での医療事務の業務は処方箋の受け取りがスタートである。
初診の患者の場合は、保険証の確認と「薬暦簿」を作成する。
処方箋は薬剤師に渡し、薬剤師が入力した処方箋の内容をコンピューターに入力し、調剤報酬の算定を行うのが基本業務となる。当然、会計も同様に行う。
調剤薬局で働く医療事務スタッフは調剤助手とも呼ばれ、薬剤師とのチームワークが重要な能力となってくる。

<仕事の流れ>
①患者が医師から受け取った処方箋を受け取る。

②薬暦簿の作成、処方箋の内容をコンピュータに入力

③薬剤師による調剤、監査など

④会計

病院・歯科医院同様に調剤薬局もレセプト業務は存在する。
ただし、同じ診療報酬の中でも調剤報酬という分野に携わるので、薬剤に関する知識と点数を算出するという意味で専門性が問われる。

調剤薬局は薬剤も管理しているが、管理は薬剤師の管轄で医療事務の業務は患者とのやり取り、窓口となる。

オススメの医療事務情報

    None Found

This entry was posted in 資格取得者の活躍現場 and tagged , , . Bookmark the permalink. Comments are closed, but you can leave a trackback: Trackback URL.

大阪の賃貸マンション検索サイトファミリー 賃貸 大阪
筆記具にこだわりを持つ方にオススメウォーターマン 万年筆
宅建