医療事務の活躍現場:歯科医院

医療事務の歯科医院の業務は受付が主な業務となる。
歯科医院では、診察室(治療室)のそばに受付カウンターを設けるのが一般的である。
勤務時間の大半を過ごすことになる受付カウンターでは、患者の保険証確認、カルテ発行、診察室への案内、診察料の会計を行う。

また、歯科医院は予約制で経営を行っているため電話の応対、患者の予約スケジュールの管理、会計の一連の仕事をこなす必要がある。
歯科医院で働く医療事務スタッフは、歯科助手と呼ばれることもあり歯科医師や歯科衛生士の助手を兼任していることが多い。患者の口腔内を触れることはできないが医師に治療器具を渡したりといった補助的な業務を行う。

歯科医院は個人で経営していることが多く、医師やその家族がレセプト業務を行ったり、レセプト業務を代行業者に委託するケースが多々ある。
そのため、歯科医院で医療事務スタッフとして働く場合、院内の清掃や用度品の買出しなども任せられる。

オススメの医療事務情報

    None Found

This entry was posted in 資格取得者の活躍現場 and tagged , , . Bookmark the permalink. Comments are closed, but you can leave a trackback: Trackback URL.

北浜太郎の近く、真っ黒のタワーマンション北浜タワー
高機能オフィスチェアやデスクなどの家具を紹介オフィスチェアー 販売店 大阪
大阪ひびきの街ザ・サンクタスタワーのタワーマンション情報と最新空室情報大阪ひびきの街ザ・サンクタスタワー