投薬量の算定

患者の症状に合わせた薬剤や投薬量を決定することを「処方」と呼ぶ。
処方にも大きく分けて「院内処方」と「院外処方」の2つに分かれる。そのため、医療事務に必要な投薬量の算定方法も変わってくる。

【院内処方の場合】
医師の処方箋をもとに患者へ薬剤を渡す一連の業務が院内処方の特徴である。
その算定内容は

「薬剤料」・・薬剤の価格

「調剤料」・・薬剤を調合する手技への費用

「処方料」・・薬剤料や投薬期間を考える費用

「調剤技術基本料」・・薬剤の副作用チェックや調剤管理に対する費用

「麻毒加算」・・麻薬、向精神薬、覚せい剤原料、毒薬(麻酔関係薬剤)を投与した場合に算定される。

【院外処方の場合】
院外処方は処方箋料のみの算定となる。患者に直接薬剤を渡すことはせず、投薬は院外の調剤薬局で受け付ける。
また、院外処方の場合、後発医薬品(ジェネリック医薬品)が含まれてくるかで算定の条件が変わってくるので注意が必要である。

オススメの医療事務情報

    None Found

This entry was posted in 資格取得に必要な基礎知識 and tagged , , . Bookmark the permalink. Comments are closed, but you can leave a trackback: Trackback URL.

文房具に関する情報文具 通販
ザ・なんばタワーレジデンス・イン・なんばパークスのタワーマンション情報と最新空室情報なんばタワー
使いやすい筆記具はこだわりの逸品waterman