医療保険の仕組み

医療事務として活躍するためには基本的な医療に関する知識を理解しておくことが条件である。特に医療保険の仕組みは確実に理解をしておく必要がある。

医療保険には大きく「保険者」、「被保険者」、「医療機関」で構成されている。

「保険者」・・医療保険を運営する機関・団体を指す。保険料を徴収し、保険証を交付する機関である。
保険者は各地方自治体や共済組合などで構成されており、医療機関から医療費の請求があると医療費を支払う役割を担っている。

「被保険者」・・保険証の交付を受けている加入者のことで、加入者本人以外の扶養家族も
加入者と同様の医療保険の給付を受けることができる。

「医療機関」・・病気の診察・治療を提供する機関で、病院や診療所が当てはまる。
医療事務はこのポジションで活躍することになる。保険者への医療費の請求や、
被保険者の医療点数の算定などが当てはまる。

流れとしては
「被保険者が保険者に保険料を納付する」→「被保険者が医療機関での診察を受ける」→
「必要分の医療費を保険者が支払う」となる。
医療事務は被保険者に対する会計と保険者への医療費の請求が主な業務になってくる。

オススメの医療事務情報

    None Found

This entry was posted in 資格取得に必要な基礎知識 and tagged , , . Bookmark the permalink. Comments are closed, but you can leave a trackback: Trackback URL.

人気の賃貸情報を城東区で集める大阪市城東区 賃貸
モレスキンのメッセンジャーバッグを紹介モレスキン トラベルコレクション
動画なら動画なら動画ならアニメ動画