レセプト(診療報酬明細書)の作成

通常、病院や診療所などの医療機関で診察を受けると、医療費が発生する。
医療費の一部は患者が支払うが、残りの医療費は医療機関が保険者つまり、政府(国)や市町村などの各種組合が支払期間を通じて医療機関に医療費を支払うのである。
その医療費を請求するために必要になるのがレセプト、「診療報酬明細書」である。

レセプトは1か月分を月末締めでまとめて作成する。
そのため、記入漏れや表記の誤りが発生すると審査期間からレセプトが返却され、再度作成を行わなければならない。
作成に余分な時間が割かれると、医療費の減額などにも繋がり、医療機関自体の収入減少や経営の悪化を及ぼすことにもなる。

レセプトの作成は医療事務の要と言ってもいいくらい、正確に作成、確認、点検を行わなければならない重要な業務である。
医療保険制度のシステムを把握し、診療報酬点数から正しく算定を行う能力が医療事務の必須条件になってくる。

オススメの医療事務情報

    None Found

This entry was posted in 資格取得に必要な基礎知識 and tagged , , . Bookmark the permalink. Comments are closed, but you can leave a trackback: Trackback URL.

話題のコスチューム一覧コスプレ
アレないかな?って思った時に便利なWebツールが保管してあります。パスワード生成
贈り物や自分へのご褒美にぴったりの逸品高級 名入れ ボールペン