医療事務資格対策:実技試験

医療事務技能審査試験の問題は、1級・2級共に、実技I・実技II・学科の3系統で構成されている
実技では、与えられた条件やカルテから、実際にレセプトを作成したり、
レセプトを点検したりという形の試験が行わる。より実践的な技能が問われるのである。試験では、診療報酬算定のために診療報酬点数表などの持ち込みが認められている。

実技はこの診療報酬点数表を使って、レセプト作成などをする形がほとんどだが、診療報酬点数表のどこにどんなことが書かれているかを把握していないと、迅速にレセプト作成をすることができない。カルテから、レセプト作成を行えるように普段から、実践的な練習を心がけ、「実技」の試験に備えるような勉強方法が医療事務の実技試験に必要な対策である。

また、レセプトの点検は作成業務とは逆のことをする必要がある。診療報酬の金額から点数を逆算するので、当然答えがイコールになる必要がある。
実技の試験対策はレセプトを作成し、その答えを逆にたどり合致しているかを確認することでどちらの試験対策にもなる。
見るべきところ、診療報酬点数表の見方、レセプトの作成と点検の要点を押さえることが一番の試験対策である。

オススメの医療事務情報

    None Found

This entry was posted in 医療事務の試験に必要な学習内容 and tagged , . Bookmark the permalink. Comments are closed, but you can leave a trackback: Trackback URL.

プレゼント用の名入れボールペンをお探しなら名入れ 記念品
人気の万年筆をご紹介パーカー PARKER
筆記具にこだわりを持つ方にオススメウォーターマン ボールペン