診療報酬請求業務(レセプト業務)

すべての医療機関で、毎月10日に前月一か月分の診療内容をまとめる
患者一人分を一枚の診療報酬明細書(レセプト)にまとめ、各関係機関へ提出するのである。
社会保険の患者のレセプトは「社会保険支払基金」、国民健康保険の患者のレセプトは「国民健康保険団体連合会」へそれぞれ提出する。
レセプトの形式は全国で統一化されているので、記述の方法は決まりさえ守れば問題はない。

レセプトの記載事項
・患者氏名
・生年月日
・性別
・保険証内容
・病名
・1か月分の診療内容
・診療報酬合計点数

以上が記載されている。
実際のレセプト作成は、毎月月末を締め日として、翌日1日から作業を始める。
必ず10日必着で各関係機関に提出するので月末~月初めの集中的な業務となることが多い。今ではレセプト専用ソフト(レセコン)のおかげで手作業でレセプトを作成することは無くなってきているため、打ち出されたレセプトに誤りがないかどうかのチェック作業がメインとなる。

オススメの医療事務情報

    None Found

This entry was posted in 医療事務の業務内容 and tagged , , . Bookmark the permalink. Comments are closed, but you can leave a trackback: Trackback URL.

動画なら動画なら動画ならアニメ情報
人気のアダルトグッズをお探しならアダルトグッズ
パーカーの最新ラインナップパーカー インジェニュイティ