料金計算業務

治療後のカルテには行われた医療行為、使用した薬剤などが記載されている。この情報をもとに医療事務は料金の計算を行うのである。

病院を始めとする医療機関での診療行為にはすべて点数(1点=10円)に置き換えられている。この点数は「診療報酬点数表」と「薬価基準表」に定められており、全国どの医療機関も同じである。

【診察料(基本料金) + 行われた診療行為手技料(オプション) + 使われた薬剤料(消耗品代)】
の点数をこの点数表からひろいあげ、合計点数を算定する。

出た合計点数を1点10円で計算して金額になおし、患者の健康保険の負担割合を掛けることで当日の支払金額が算定できる。

(例)合計点数:400点×10円×3割負担=1200円

となる。

診療報酬点数表にはさまざまなルールや算定条件が決められており、これを間違って解釈すると患者や国に請求する金額に大幅な誤差が生じる。

担当医師は診療報酬点数表をふまえた上で診療を行い、カルテに使用した薬剤などを記載するが、カルテには算定のルールまでは記載しない。入力された内容は患者への請求金額となり、そのままレセプトとなるので、病院の収入に直接影響を及ぼす。治療費の計算は医療事務の基本的な業務であるため責任を持って行う必要がある。

オススメの医療事務情報

    None Found

This entry was posted in 医療事務の業務内容 and tagged , . Bookmark the permalink. Comments are closed, but you can leave a trackback: Trackback URL.

お見合いパーティーの必勝法を伝授します大阪のお見合いパーティー必勝法
限定版モレスキンをご紹介モレスキン レゴ
体内毒素を除去して体の健康を維持してくれますキトW