初診受付業務

医療事務の基本的な業務である受付は病院の顔ともいえる重要な立ち位置である。
初診の患者の場合は一番最初に接するところでもあるので、第一印象が大事なポイントになる。自然にやさしさを持って業務を行うことが大切なのである。

保険証を受け取り、「診察申込書」または「問診表」などの記入を依頼。
得られた情報をもとに患者の情報を登録、カルテを作成するのである。
同時にカルテ番号と同番号の診察券を発行する。
保険証の記載事項を間違えて登録すると、国から診療報酬の支払いが受けられないこともある。また、保険負担割合を間違えると、患者の支払いに影響が出るのでミスの無いように業務を行う必要があるので緊張感はあるが、患者情報の登録は医療事務の基本的な業務であるため全うする必要がある。

診療科が複数ある病院の場合は、事前に何科を診療するかを患者が決めていることがほとんどであるため、確認程度で案内ができる。症状から何科へ診療すべきか判断が付かない患者も中にはいるが、込み入った話を聞くことは医療行為にあたるため医師の確認が必要になる。

オススメの医療事務情報

    None Found

This entry was posted in 医療事務の業務内容 and tagged , , . Bookmark the permalink. Comments are closed, but you can leave a trackback: Trackback URL.

就職するなら仕事
テープを引くとポップなデザイン柄が転写デコレーションテープ
動画共有サイトダウンロードURL紹介サイトSayMoveダウンロード