処方箋窓口業務

処方箋は患者に必要な薬剤の種類や分量が記載された書類である。ちなみに処方箋には有効期限があり、「発行された当日を含めて4日間」しか有効ではない。
調剤薬局へ持参すると薬剤師が薬の調合・調剤を行う。しかし最近は医薬分業が進み、外来で処方する薬は患者に処方箋を発行し、院外の保険調剤薬局で受け取ってもらうスタイルの病院が増えている。
規模の小さい病院では会計時に処方箋を渡すが、大規模病院では別に処方箋窓口をもうけ、病院内で調剤・調合した薬を患者に渡すという形を取っている病院も多くみられる。

そもそも薬局利用の利点は…

患者側
・薬の専門家から詳しい説明を受けることができる
・薬の疑問を気軽に聞ける

医師側
・診察へ専念できること
・薬の管理の手間と人件費を省くことができるという点

などがあげられる。
処方箋窓口では、処方箋に関する注意事項を伝える。
この時注意するのは、特定の薬局へ行ってもらうような説明は避ける必要があるということである。病院で薬局を聞かれたときは、「近くにはこういった薬局さんがあります」と案内する程度にとどめておく。

オススメの医療事務情報

    None Found

This entry was posted in 医療事務の業務内容 and tagged , , . Bookmark the permalink. Comments are closed, but you can leave a trackback: Trackback URL.

大阪市福島区のザ・タワー大阪の紹介タワー大阪
プレゼント用の名入れボールペンをお探しなら名入れボールペン プレゼント
北浜太郎の近く、真っ黒のタワーマンション北浜タワー