カルテ管理業務

医療事務のカルテ管理業務は初診受付で作成した患者のカルテ表紙をセットし、新しく1冊のカルテを作成することである。 再診患者の場合は、すでにカルテがあるのでカルテ棚からカルテを探して出す。

カルテの一番新しいページを開き、日付印と受診する診療科印を押す。病院によっては、診療科ごとに一人一冊のカルテを用意している。
患者のカルテをすみやかに各診療科に運びカルテを並べるが、並べた順が診察される順になることが多いため並べ方は注意が必要である。
一つ一つカルテを運ぶのではなく、まとめて各診療科に運ぶので万一違う患者のカルテを運んでしまった場合、大きな病院の場合探すのに時間がかかってしまう。
カルテの管理は特に重要かつ的確に行う必要がある。

診察が終われば、今度はすみやかにカルテの回収を行う。
医療事務の基本業務である料金計算業務はカルテをもとに算定するので、業務が遅れれば患者の会計にも影響するので速やかに行う。

会計計算が終わったカルテは、また元のあるべき位置へ戻す。この時当然だがカルテを戻す位置を間違えると、次回の来院時にカルテが見つからないという事態に陥ってしまう可能性がある。カルテ管理を入念に行うことが医療事務の基本業務なのである。

オススメの医療事務情報

    None Found

This entry was posted in 医療事務の業務内容 and tagged , , . Bookmark the permalink. Comments are closed, but you can leave a trackback: Trackback URL.

シティタワー西梅田のタワーマンション情報と最新空室情報シティタワー西梅田
ザ・なんばタワーレジデンス・イン・なんばパークスのタワーマンション情報と最新空室情報なんばタワー
大阪の結婚相談所といえば梅田HOLON結婚相談所 大阪 梅田HOLON(エスポワール梅田)