医療事務管理士技能認定試験

医療事務管理士技能認定試験は、病院や診療所などの医療機関内で受け付け業務や治療費の計算を始めとする業務。
レセプト(診療報酬明細書作成)やカルテの管理といった医療関連の業務に欠かせない仕組みと、正確に診療報酬が算出できる能力を証明する試験である。

試験の分類は医科医療事務と歯科医療事務に分けられ、医療保険制度や医療事務についての知識と技能を認定するものである。
試験構成は学科と実技の2つに分けられ、それぞれの合格点数が7割以上を超えて初めて交付される。

学科科目は
・医療保険制度を始めとする各種医療保険の知識。
・人の体の構造や生理機能または傷病についての医学的知識。
・診療報酬に関する点数の算出方法や医療用語等についての事務的知識
などが求められる。

実技科目はレセプト(診療報酬明細書)の作成である。
診療報酬点数の計算から診療報酬明細書を作成するので、順を追って確認を行わなければならないので業務に対する正確性が問われる。

受験資格はないが、合格するためには医療事務全般に関わる知識と能力が必要になってくる。歯科より医科医療事務の方が合格率が低く、難易度も高めである。

オススメの医療事務情報

    None Found

This entry was posted in 主な医療事務の資格 and tagged , , . Bookmark the permalink. Comments are closed, but you can leave a trackback: Trackback URL.

大阪でいい結婚をするなら結婚相談所 大阪 梅田HOLON(エスポワール梅田)
大阪のデザイナーズマンションをご紹介デザイナーズマンション
高機能オフィスチェアやデスクなどの家具を紹介オフィスチェアー 試座